ダイエットと薄毛の関係

一気に体重を減らしてしまおうとすると、薄毛を引き起こす可能性があります。

行き過ぎた食事制限などをしてしまうと、吸収されたほんの少しの養分は優先順位として高い生命維持機能のために使用されていきます。髪の毛は無くても命に別状はありませんから、頭皮には全くといって良いほど養分は行き渡らなくなり、髪の毛が抜けてしまう要因となるのです。

結局、食事は規則正しく適量を守って摂り、適度な運動をすることが、髪の毛だけではなくて、ダイエットにも大切なことだったのです。

お餅などと食べる機会の多いきな粉ですが、これは大豆からできています。

大豆の中には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれているので、薄毛の原因である男性ホルモンが抑制され髪が生えやすくなると言われています。

全ての大豆製品にはイソフラボンが含まれていますが、大豆の粉末であるきな粉は大豆製品の中でも特に栄養素を吸収しやすいという特徴を持っているため、イソフラボンを摂取するには最適の食品という訳です。

そのままでは食べにくいですが、牛乳や豆乳に混ぜると、すぐにできて味も美味しくなります。AGAの治療薬としてはプロペシアとリアップがこれまでもっとも使用されてきた薬です。

病院で処方されるプロペシアの方は、後発医薬品がファイザーから発売されるようになりました。
そもそもAGAの治療というのは長期戦ですから、治療費の負担も継続的に続くことになります。なるべくコストを抑える方が楽ですから、薬価の安いジェネリック医薬品を選択することは良いことです。髪や頭皮に優しい印象があるノンシリコンシャンプーですが、直接的に髪の毛に作用しているのはシリコンという成分そのものではないのです。強い洗浄作用を持つ成分を配合したシャンプーはその強力さが原因で髪の毛ががさがさになってしまうので、パサつきを滑らかにコーティングする目的でシリコンを使用するのです。
育毛を目的とするならノンシリコンかシリコンかに着目するのではなくて、使われている洗浄成分は何であるかに着目することが大切ですね。一般に、発毛や育毛の促進に効果的とも言われるたんぱく質の一種である成長因子は、グロースファクターという名称で呼ばれる場合もあります。毛母細胞に作用し活発に活動させる、ヘアサイクルを好調にする、血液の循環をよくするなどの効用があります。

中には毛穴への成長因子の注入という治療を行う育毛クリニックも見られます。それから、成長因子配合済みの育毛剤も購入可能です。過ぎなければ構わないのですが、酒量は控えておかないと消化器系にもダメージを与えますし、AGAの治療をしていく中でもマイナス要因となります。アルコールを摂取するとその分解のために多量のアミノ酸を必要としますが、毛髪の主成分であるケラチンの生成にも欠かせません。

体内のアミノ酸の生成比率というのは変わりませんから、アルコールの分解のために大量に消費されることで、もともと髪の成長維持に使用されるべき栄養が届かず、間欠的あるいは慢性的に欠乏しているようになって、治療とは真逆の効果をもたらすからです。髪が薄くなったのがAGAのためであるときは、平凡な育毛剤はあまり有効ではないでしょう。AGAに効果のある成分配合の育毛剤を使用するか、AGAの治療を受けるようにしたほうがよいでしょう。AGAでは、早急に手を打たないと、ますます毛髪は薄くなりますから、悩む暇があるならば対策を取るようにしましょう。イソフラボンは大豆に含まれていることで有名で、身体の中で女性ホルモンに近い機能を有し、不必要に男性ホルモンが出るのを抑える機能を持っているのです。男性型脱毛症、いわゆるAGAは男性ホルモンが薄毛を誘発する成分に変わってしまうことにより発症するため、必要以上に男性ホルモンを分泌させないことは育毛効果へと繋がっていくわけです。

さまざまな大豆製品がありますが、豆乳だと液体状になっていますから栄養成分を身体の中に吸収しやすいので、体内にイソフラボンを取り込みやすい食べ物です。色々なところでやっている育毛用のシャンプーのCMを見聞きするにつけ、これらメディアの中身から察するにこれさえ使用していれば髪の毛がしっかりと生えてくれるかのように間違って思い込んでしまうかもしれません。でも、シャンプーだけを使用したからといって髪の毛が生えるわけではないのです。

育毛用のシャンプーが担う役割というのは頑丈な髪が生えやすいよう頭皮の状態を調節することであり、ダイレクトに直接毛根へ機能するのではありません。成長ホルモンは、人が寝ている間に分泌されます。その名が示すように、成長ホルモンは身体のあちこちの部分の成育を促進したり、他には修復を行ったりする機能を持つホルモンです。身体の一部分として髪も数えられますから、育毛の観点からも成長ホルモンが分泌されることは重要なポイントです。
最も成長ホルモンの分泌が活発になるのが通称ゴールデンタイムと呼ばれる22時から翌2時です。

ゴールデンタイムまでに就寝できているというライフスタイルなら1番です。

お世話になってるサイト⇒頭皮ケア メンズ おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です